EN
Talkbox ? Sound/Tone How to Play Kind of Talkbox Custom ストーリー BBS Home

Talkboxとは? > 構成要素 > コンプレッションドライバ > チューブ > パワーアンプ

<>

コンプレッションドライバ

Talkboxの要になるのがコンプレッションドライバです。コンプレッションドライバとは、PA用のスピーカーやJBLのスタジオモニターなどで使用されているホーンスピーカー用のドライブユニットで振動板へ圧力をかけるスピーカーなのでこう呼ばれています。

コーン紙を振動させるスピーカをコーンスピーカと呼ぶ様に、コンプレッションドライバの前面にホーンを取り付けるスピーカーのことをホーンスピーカーと呼びます。つまり、ホーンスピーカーはコンプレッションドライバにホーンを接続しますが、Talkboxはコンプレッションドライバにチューブを接続すると言う訳です。

Electro Voice社の1823M用ホーンユニット
Electro Voice社の1823M用ホーンユニット

1823M/1824Mがリファレンス

Talkboxで有名なのが、Roger Troutmanも使用していたElectro Harmonix社のGolden Throatページ(ゴールデン・スロート/金の喉)です。Golden Throatシリーズには、コンプレッションドライバにElectro Voice社の1823Mが採用されており、このコンプレッションドライバがTalkboxerのリファレンスとされています。既に生産完了しており日本で入手するのは難しく、入手するなら海外しかないと思います。しかしながら、世界中のTalkboxerも同様に探しているので高額になる場合があります。

1823Mのエンジニアリングデータ1824Mのエンジニアリングデータ
1823Mと1824Mの貴重なエンジニアリングデータ

Electro Voice社の1823Mと1824Mコンプレッションドライバ

Electro Voice社の1823Mと1824Mコンプレッションドライバ

最近では、Monacor社やPyle社などコンプレッションドライバを製造している会社が多数あるので、オリジナル性を追求するためにこれらを購入しカスタムのTalkboxを作るのも一つの方法かと思います。

余談ですが、コンプレッションドライバは簡単に飛び易いので予備を用意しておくと良いと思います。Roger TroutmanがステージでTalkboxシステムを2セット設置しているのは、コンプレッションドライバが飛んでもプレイが続けられる様にとの理由から2セット設置するようにしたそうです。

Monacor社のKU-516
Monacor社のKU-516

<>
Copyright 1998-2017 GF WORKS. All Rights Reserved. このサイトに掲載されている情報、内容、写真、ロゴ、イラスト、デザイン、オーディオデータ等全てのコンテンツは著作権により保護されています。著作権はGF WORKSまたは撮影者/制作者/提供者に帰属しており、許可なく引用、複製、編集、翻訳、転用、出版、販売などの二次利用することを禁じます。このサイトの管理者であるGF WORKSへのお問い合わせはこちらのフォーム(Talkboxに関する疑問/質問等はGF WORKS | Talkbox Forumへ)からお願い致します。